>> Youtubeでレビュー動画を視聴する

ファイテン ブレスレットは肩こりや腱鞘炎に効果あり?おすすめの選び方も紹介

ファイテン

ファイテン 50%OFFアウトレットセール開催中!(7/14 ~ 8/11)

50%OFFのセール会場はコチラ

狙い目商品の分析はこちら

ファイテンのブレスレットは、アクアチタンやメタックスなどの技術の違いや、素材の特性など複数種類のブレスレットが販売されています。

果たしてこのブレスレットが肩こり・腱鞘炎対策になるのか効果を調査してみました。

さらに、マラソンやゴルフのスポーツ時なども含め、ニーズに合ったおすすめのブレスレットを紹介します。

※肩こり・腱鞘炎対策がメインなら手首サポーターが個人的におすすめですよ。

すぐにオススメのブレスレットを見る

ファイテン ブレスレットとは?どんな種類や効果があるの?

ファイテン ブレスレットは2020年1月時点で38商品。

ジュエリーだけではなく、ビジネスマンやスポーツ向けのモデルも沢山販売されています。

最近では週刊少年ジャンプで連載している「ハイキュー!!」とのコラボモデルも発売されて話題になりました。

もちろん、どのブレスレットにもアクアチタンやメタックスが採用されていて、ファイテンの効果が期待できます。

それでは、ブレスレットの種類や効果、肩こりや腱鞘炎に効くのかをまとめました。

ブレスレットの種類が豊富

ブレスレットに使われる素材・技術で以下のように分類することができます。

  • シリコーン・・・汗や水に強く安価である
  • X50、X100・・・高濃度のチタンを使用
  • メタックス・・・ファイテンの最高レベルの技術を使用
  • エクストリーム(メタックス)・・・ファイテンの最高レベルの技術を使用 + スポーツ向けに汗や水に強い

使われている技術によって効果が決まり、素材によってデザインが決まるといった感じです。

値段も2,000円台〜2万円台と幅が広い。ただし、高い = 効果大というワケではなく、安価なのに最新技術が使用されているブレスレットもたくさんあります。

値段の大小は、効果よりも素材費に依存する部分が大きいです。

肩こりや腱鞘炎に効果あり?

ブレスレットを付けると、手首周りの筋肉が緩んでくれる効果は実感できると思います。

この部分の筋肉が緩めば、多かれ少なかれ連動している肩の筋肉も同時に緩む事によって肩まわりの血行促進が期待できます。

つまり、人によって程度は違いますが、肩こりに効果ありといえるでしょう。

 

腱鞘炎(けんしょうえん)は手の使い過ぎにより指や手首の関節に痛みが生じる疾患ですから、ブレスレットでは手首のケアをする事での予防効果はあると思います。

発症した後でも、痛みによる過剰な筋肉の硬直を和らげてくれるためか、痛みがマシになって回復が早まるとは思います。

以上が、ブレスの特性を調査して肩こりや腱鞘炎に対しての効果の考察になります。それでは、実際の口コミはどうなのかをチェックしてみました。

評価:
4.0

親指の付け根が痛くて、3年以上接骨医院や外科、最後にはペインクリニックにも通いましたが、直ることはないとあきらめていました。ダメ元でこのX100に掛けてみました。完璧ではないですが随分良くなりました。

引用:ファイテンオフィシャルショップ

評価:
5.0

効果は絶大でその日から頑固な肩こり、仕事中の眼の疲れ、頭痛も無くなり絶好調になりました。

引用:ファイテンオフィシャルショップ

5.0

細身でスタイリッシュ、目立ちすぎず地味すぎずいい感じのデザインになっていて、とても気に入りました。場面を問わずブレスとして使用しています。

引用:ファイテンオフィシャルショップ

他の商品に対して、ブレスの口コミが少なかったですが、「肩こりに効果があった」と回答されていました。

また、デザインが気に入っている人が多く、外でも付けて歩くために購入している人も多そうでした。

一定の効果が見込めそうだと確認できましたね。

でも、個人的には肩こり・腱鞘炎対策なら「メタックス 手首サポーター」の方が良いと思います。詳細は後述しています。

【水晶、メタックス、X50、X100】効果の違いは?

ブレスによって使われている素材や技術が違います。

そこで、それらの効果の差について紹介しましょう。

基本的にどの技術でも人体をリラックスさせる効果は共通であると考えて良いですが、効果の大小には違いがあります。

【調査や体感の結果】

アクアチタンX50 < アクアチタンX100 ≒ メタックス

※水晶は知らん!

結論、メタックスが一番コスパが良いでしょう。メタックスはアクアチタンX100と同等クラスのリラックス効果が期待できるファイテンの最高レベルの技術です。

詳細 メタックスの効果とアクアチタンとの違い

水晶に関してですが、ファイテンでも「パワーストーン」的なポジション。個人的にそういった効果を信じてないので華麗にスルーしています。

ただし、水晶のブレスレットでもチタン球がついているので、リラックス効果はあると思いますし、デザインが優れているのがメリットといえますね。

静電気を防止する効果は?

静電気除去ブレスレットとしての効果を期待する人もいるようですが、期待しない方が良いと思います。

静電気除去ブレスレットの材質は、有機導電性繊維、銅イオン繊維、導電性繊維等で作られています。

ファイテンの独自技術である水溶化メタル技術は、まさに『導電性繊維』に該当しそうですが、そもそも静電気防止ブレスレットは「コロナ放電」という放電に時間が必要な仕組みを利用しているので、静電気対策としては効果が薄いです。

ファイテンのブレスレットは静電気を防止する目的で作られた商品ではないので、過度な期待をしない方が良いと思います。

ファイテン ブレスレットの選び方、付け方|サイズ感に注意!

ポイント1.用途に合っているか?

ファイテンのブレスレットではマラソン、ゴルフなどスポーツに使う人向けのエクストリームシリーズや、街歩きでも見栄えの良いレザーモデルやクリスタルタッチなどがあります。

素材による特性やデザイン性を考えて、自分に合ったものを選びましょう。

ポイント2.サイズは合っているか?

サイズ感には要注意です。

手首周りの長さで自分にフィットしているかどうかのチェックが必要です。メジャーなどで調査してから注文するのがおすすめです。

緩めが好みの人もいれば、キツめにしたい人もいるでしょう。調節したい人はバンドタイプのものや、手首サポーターも考慮しても良いと思います。

ブレスレットの付け方【右手?左手?】

ブレスレットの付け方ですが、留め具のパターンが何種類かあって、それに応じた留め方になります。

ネックレスで使われていた凹凸で差し込むタイプが多いですね。

 

ブレスレットは左右どちらでも装着OK!

リラックスさせたい手首に付ければ良いと思います。例えば、パソコン仕事 + 右利きなら右手首って感じでOKです。

基本的に疲れている方 or 両方に付ければ良いでしょう。

ファイテンのおすすめブレスレット厳選3選 + α

ブレスレットの効果や選び方などを解説しましたが、ここからはおすすめのブレスレットランキングを紹介したいと思います。

※パソコン仕事などで手首が痛い・ケアしたい方は「RAKUWAバンド メタックス」の方が確実におすすめです。

スポーツならEXTREMEシリーズ

EXTREMEシリーズ

価格:2,200円〜(税込)

本体:シリコーン

技術:メタックス

シリコーン性で汗や水などの耐水機能を備えたブレスレット。アスリート向けのスタイリッシュなデザインがGOOD!

メタックスが採用されているのに非常に安価に購入できるのもポイントです。

最高の高級感!ハードコート チタンブレスレット メタックス

ハードコート チタンブレスレット メタックス

価格:20,000円〜(税込)

本体:純チタン、リングパーツ:ポリウレタン

技術:メタックス

ブレスレットの内側に3つのチタンボールを搭載したメタックス採用の純チタンブレスレット。ブレスの表面はハードコート加工されており、傷つきにくく輝きも持続。

スリムタイプ、ワイドタイプの2種類から選べます。

デキる大人のRAKUWAブレス X100 カーボン

RAKUWAブレス X100

価格:16,500円(税込)

側生地:66ナイロン
中芯:エラストマー
留め具:純チタン、カーボン

技術:アクアチタンX100、ミクロチタンボール

カーボンファイバー+純チタンの留め具に、耐久性に優れた「66ナイロン」を使用したブレス紐部分、男性にも女性にもつけやすい洗練されたデザインでです。

メタックスと同等のリラックス効果が期待できる、アクアチタンX100が採用されているのもチェックポイント。

【補足】RAKUWAバンド メタックス(2枚入り)

RAKUWAバンド メタックス(2枚入り)

価格:3,850円(税込)

本体表面:ナイロン93%、ポリウレタン7%
本体裏面:ポリエステル50%、ポリウレタン50%
中面:ナイロン86%、ポリウレタン14%
面ファスナー:ポリエステル100%

技術:メタックス

ブレスレットではなくサポーターのカテゴリーに属するアイテムですが、メタックス技術が採用されている数少ないサポーターです。(2019年12月27日時点)

手首・足首など気になる所に巻けるので、実用性だけならブレスレットよりコチラが圧倒的におすすめです。

実は僕もこのバンドを愛用していますが、2枚を一つにつなげて首回りのケアなんかにも使えます。

おすすめの使い方1

首に巻いて使う

肩こりや腱鞘炎対策なら、このRAKUWAバンド メタックスの方が個人的にはおすすめです。

ファイテン ブレスレットが安い販売先はどこ?

結論を言うと、どの通販サイトでもファイテン公式が出店している価格は一緒です。

ただし、代理店や転売と思われる販売元では、公式より安く購入できる場合もありそうです。

やはり、本当にメタックスやX100が使われた本物か?はわからないので、ファイテン公式から購入したいですよね。

そこで、最安値で購入しようと思うと、ポイント還元率が一番高い所を狙いましょう。

Amazon:最大2%

楽天:最大数10%

Yahoo!ショッピング:最大1%(PayPayによるキックバックがあるかも)

ファイテン公式通販サイト:最大10%

楽天会員でポイント還元率が高い人は、楽天が一番安いかもしれません。最近ではキャッシュレス決済を使えば大幅還元のケースもあるので狙ってみても良いかも。

でも、ファイテンファンなら公式ストアですよね。最初の還元率は2%ですが、ランクアップで最大10%になりますし、毎月25日は500ポイント還元もあったりと、結局一番お得なのが公式ストアといえるでしょう。

僕はブレスレットではなくサポーターで手首をケア

ファイテンのブレスレットの紹介は以上になります。ブレスレット選びの参考にしていただけたら幸いです。

が、

ファイテンのサポーターについて補足させてください。

ファイテンのサポーターは数多く販売されているのですが、いまだにアクアチタン技術を使っている物ばかりなので、手首ケアをするならブレスレットの方が効果が高いかもしれません。

しかし、RAKUWAバンド メタックスだけはメタックス技術を使ってリニューアルされているます。

「ファイテン ブレスレット 肩こり・腱鞘炎」などで調べた方にとって、ブレスレットより効果面でも値段的でも使いやすいと思います。

パソコンでタイピングしてみると、ブレスレットと違って邪魔にならないし、固定感があってサポートしてくれるのでオススメです。

RAKUWAバンド メタックスの体験口コミ

【Youtubeでサポーターのレビューを公開中】

【ファイテン】RAKUWAバンド メタックスのレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました