【元阪神タイガース】金本知憲選手が着けているネックレスは何?意味や効果はあるの?

金本知憲 aスポーツ選手・芸能人の愛用品
金本知憲

関西が誇るアニキとして阪神タイガース監督辞任後もファンの心を離さない金本知憲元選手。

名門広陵高校・東北福祉大学を経て広島東洋カープでプロのスタートラインに立ち、多くの挫折を乗り越えプロ野球史上7人目のトリプルスリーを達成。

2003年に阪神タイガースに入団してからの活躍ぶりはさらに加速し、18年ぶりのリーグ優勝貢献の他MVP・ベストナイン7回・連続フルイニング出場世界記録達成・安打や本塁打など全ての記録で現役最多記録保持者に輝くなど圧倒的な存在だった球界屈指のサクセスストーリーの持ち主ですね。

トッププロとしての実績といぶし銀なハートを持つ人柄が大変魅力的で、金本知憲選手を超える阪神のスターは生まれないのではないかと心配になってしまうほどですね。

 

そんな金本知憲元選手が現役・監督時代を通して愛用していたスポーツアクセサリーを今回はリサーチしました。

プロ・アマ問わず全てのアスリートに共通する“ボディケア”に役立つ情報をお届けしていますので、最後までお付き合いくださいね。

スポンサーリンク

金本知憲選手が愛用しているネックレスはファイテン?どんな効果や意味がある?

金本知憲

金本知憲

金本知憲元選手が現役時代からファイテン社の磁器ネックレスやチタンテープを愛用していたというのはご存じですか?

性能の良さを体感したことで他の選手にも薦めていたんだとか。チタンテープに至っては商品開発の段階から意見交換に参加するなど、監修も務めています。

では金本知憲選手が実際に使用していた商品を見ていきましょう。

RAKUWAネックワイヤー EXTREME カーボン

金本知憲選手が愛用しているネックレスは『RAKUWAネックワイヤー EXTREME カーボン』。
特徴は下記の通りです。

<デザイン>

  • カーボン製で赤のワンポイントが特徴の留め具
  • カラーはブラックとシルバーの2色展開

<機能>

  • 留め具は左右に引っ張ることで外れるので着脱が簡単
  • ワイヤー素材は軽量・水に強い

 

この商品最大のポイントは本体・留め具両者の材質に“カーボン”が使用されていることで、軽量化・高硬度を実現したところでしょうか。

軽い分着けること自体は負担にならず、傷つきにくい分耐久性もあるので1度買うとかなり長く使える商品と言えます。

口コミでも『すぐに効果を実感できた』『軽いので付けているのを忘れるくらい』『デザインがシンプルで気に入っている』など、見た目にも着け心地も良い意味で主張しすぎず効果がある点に言及した方が多いという印象でした。

お値段は1万2100円と結構いいお値段です。

ただ末永いお付き合いが出来る商品ということと、ファイテン社独自技術である『メタックス』を使った商品で効き目は折り紙付きなので妥当な値段と言えます。

口コミによるとプレゼントなどで利用する方も多いようで、『RAKUWAネックワイヤー EXTREME カーボン』も売り上げは安定的なのもシンプルで使い手を選ばないデザインが好影響を及ぼしていると言えそうですね。

 

金本知憲選手が愛用している他のアイテムは?

金本知憲元選手とファイテン社と言えば、ネックレス以外にもチタンテープで深い縁があることが知られています。

連続フルイニング出場数1492という世界に誇れる偉業を達成した“鉄人”の身体はまさにボディケアの賜物だったことが知られているので、そのケアの達人のオススメ商品となれば否が応でも期待は高まりますね。

「アニキファンじゃないんだよね。」という方にも必見ですよ!

チタンテープ X100 ブラック

金本氏の現役引退間近の満身創痍の身体を支え、引退後は監修にまで携わったテープとして有名なのが『チタンテープ X100 ブラック』。

ではそんなテープの特徴を見ていきましょう。

<特徴>

  • カラーはブラック
  • 生地部分に『アクアチタン×100』を配合し、裏面には『ミクロチタンボール』『炭化チタン』を採用
  • 伸縮性に優れ身体にフィットする着け心地
  • 身体が汗や水に濡れてもはがれない撥水性の高い繊維

 

ファイテン社独自の技術をふんだんに使い、疲労回復や痛みの軽減などのサポートを行う高付加価値テープになっています。

お値段は5280円(定価・税込)と高めですが、5cm幅と幅広なで肩や腰などの面積が広い部分にも使いやすいなど高コストパフォーマンス商品であることに間違いありません。

口コミも概ね高評価で『痛みが消えた』『他の商品より即効性がある』『腱鞘炎に良かった』などの効果が実感出来たという主旨の意見が並んでいるのも、購入を考えているユーザーには心強いですね。

まとめ

2018年シーズンで阪神タイガースの監督を辞任してから、講演や野球解説の仕事をしている金本知憲氏。

最下位に低迷した責任を取っての辞任や人間関係に関する不穏な噂が吹き荒れた最後に、納得がいかない虎党は今も多いのではないでしょうか。

個人的にも今のスーツ姿よりユニフォーム姿の方が華があってしっくりくるなと思いますし、野球の人気が低迷している今だからこそ金本氏の存在感がほしいなとも思います。

阪神監督時代の経験を活かした金本氏のこれからに期待しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました