>> Youtubeでレビュー動画を視聴する

【読売ジャイアンツ】丸佳浩選手が着けているネックレスは何?意味や効果はあるの?

丸佳浩 aスポーツ選手・芸能人の愛用品
丸佳浩

日本球界屈指の選球眼と走攻守の3拍子揃った外野手と言えば、アナタは誰を想像しますか?

“タナキクマル”の3本柱の一角を担う頼れる3番バッターとして広島東洋カープの黄金期を築いた、超人気選手である丸佳浩選手もその一人ですよね。

2016年・2017年の広島東洋カープのセ・リーグ優勝に“優勝請負人”として大きく貢献し、2017年には『MVP』『最多安打』『ベストナイン』『ゴールデングラブ賞』など各タイトルを総ナメにする活躍を見せたことが強烈に印象に残っているファンは今でも多いのではないでしょうか?

2019年シーズンは日本野球界の王者とも言われる読売ジャイアンツへのFAを決断し、並み居るライバルの中キャリアハイの39本塁打を記録するなど活躍はとどまるところを知りません。

 

今回はそんな記録にも記憶にも残る名選手である丸佳浩選手が愛用するスポーツネックレスをご紹介!

ストイックで知られる丸佳浩選手のボディケアの秘密を知れば、アナタのスポーツライフも一歩上質なものに変わるかもしれませんよ?

 

 

丸佳浩選手が愛用しているネックレスはファイテン?どんな効果や意味がある?

丸佳浩

丸佳浩

丸佳浩選手は広島東洋カープ所属時代から、アスリートの中でも人気のスポーツメーカー『ファイテン』と契約を結んでいました。

一時離れていた両者の関係ですが、2019年5月20日から再び契約を締結したことがファイテン公式HPで発表されました。

それだけ丸佳浩選手はファイテンの商品に信頼を置いていると見て間違いないでしょう。

真面目でゲーム以外の遊びなどをしない丸佳浩選手が愛用しているとなれば、効果の高い商品なのではないかと個人的には思っています。皆さんも気になりますよね?

では愛用商品の詳細を見ていきましょう。

RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ

丸佳浩選手は『RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ』というスポーツネックレスを愛用していることが知られています。
元チームメイトである広島東洋カープの大瀬良大地選手やライバルチームである阪神タイガースの糸井嘉男選手などプロアスリートも愛用していることで有名な商品です。

「テレビ中継で見たことある!」という方も多いのではないでしょうか?
どんな商品なのか詳細を見ていきます。

 

<デザイン>

  • 数珠のような赤もしくは黒の光沢ある球体が特徴
  • サイズは45・50cmの2パターンで性別問わず使いやすい

<機能>

  • 球体のパーツは水分に耐性があるアクリル製
  • 留め具は軽量アルミを採用し、商品全体が軽い仕上がり
  • 左右に引くだけで簡単に着け外し可能

 

この商品のお値段は18700円(定価・税込)と、一般庶民である私からすると簡単には手が出せないと思ってしまう価格設定ですね。
アマチュアのアスリートの方でも、効果が実証されないと買えないという気持ちの方が多いのでは?

ただ多くのアスリートが愛用しており口コミなどでも「即効性がある」「身体が軽くなった」などの評価が多く見られるので、買って損をするような商品ではないことは確かと言えます。

RAKUWAネック プチカレント

もう一つ丸佳浩選手が愛用しているスポーツネックレスは『RAKUWAネック プチカレント』です。

どんなネックレスなのか、具体的に見ていきましょう。

 

<デザイン>

  • カラーはブラックのみ
  • トップ部分にはLEDが内蔵されており、メカ感のある見た目が特徴

<機能>

  • 留め具をつなぐとLEDが点灯し、微弱電流が流れる
  • 独自技術『アクアチタンシリカ』を採用したナイロン樹脂コーティングのワイヤーが電流との相乗効果を生む
  • 左右に引っ張ることで装着

 

他の商品と比べてメカ感満載の見た目が特徴の『RAKUWAネック プチカレント』。

ネックレスから微弱電流を流すことで体回りの電界を整えるという他にはない発想の商品と言えますよね。

ただ見た目がインパクト抜群な分心配なのは、効果と値段ではないでしょうか?

口コミを見ていますと、「1日したら効果が実感できるぐらい凄い」「ファイテン商品の中でもダントツの効き目」「毎日しているけど意外と電池が減らない」など好意的な意見が多く見られました。

 

お値段はなんと29700円(定価・税込)と、こちらもファイテンの中でもトップクラス!(苦笑)

費用対効果を考えると、適正価格と言えるのかもしれませんね。

日常的に忙しく、整体などのメンテナンスに行く暇もないという方にこそオススメの商品と言えますね。

 

まとめ

2020年シーズンのスタートとして3月7日のオリックスバッファローズとのオープン戦に出場した丸佳浩選手。

新型コロナウィルスのせいで自宅待機中の皆様のモヤモヤを吹っ飛ばすような5階席への2ランホームランを放ち、「これぞ野球職人!」というところを見せてくれましたね。

先進国ニッポンの意地とプライドをかけて臨む東京オリンピックが中止の危機にある今、野球の底力を改めて見せてくれた丸佳浩選手の漢気。その熱さにファンも絶賛の嵐でしたね。

目に見えない毒に必要以上に悲観するよりも、フィジカルなサポートはファイテンに任せ今できるファンとしての声援のサポートを今シーズンも頑張っていきましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました