>> Youtubeでレビュー動画を視聴する

ファイテン RAKUWAネック メタックスの効果を可視化!肩こり・頭痛対策できる?

ファイテン

肩こりに効くネックレスと言えば磁気チタンネックレスが思いつくかもしれないが、それは古いかもしれない。今はファイテンの”メタックス技術”によるネックレスが販売されているからです。

「従来のアクアチタンX30、X50よりもリラックス効果があるのでは。」と評判で、メタックスクリーム ・ローションを皮切りに、次々とメタックス技術を使った商品が販売、リニューアルされています。

今回はそのメタックス技術を使ったネックレスの一つである『RAKUWAネック メタックス(チョッパーモデル)』を紹介し、その効果について言及していきたいと思います。

Youtubeでも効果を紹介しています!

RAKUWAネック メタックス (チョッパーモデル)とは

チョッパーモデル

チョッパーモデル

ファイテン(phiten)から販売されるネックレスの一つで、ファイテン最高レベルの”メタックス”を使用しています。フィギュアスケーターの羽生結弦選手が愛用するネックレスの一つとしても人気のあるモデルですね。

メタックスは体にリラックス効果を与えることで、筋肉が弛緩→血行促進→回復力や能力がUP!という効果が期待できる技術です。

メタックスの効果とは

早速、ファインテンのオフィシャルショップで購入したチョッパーモデルの、開封レビューしていきます。

メタックス ネックレスの箱(表)
メタックス ネックレスの箱(裏)

黒い箱にシルバーの印字が高級感を漂わせています。

↑偽物が多いファイテンですが本物のケースには右下に特殊シールが貼られています。

ファイテン ネックレス

箱から出すとさらにシルバーの缶が。その中にネックレスが保管されています。

ご覧の通りブラック/ゴールドを購入。RAKUWAネック4000万本突破記念モデルで、2019年12月25日時点で売切れになっています。(←自分が買ったやつが人気だと嬉しい人です)

留め具を拡大
留め具 両方外れる

留め具にはロゴが入っています。

ネックレスの脱着は差し込むタイプで、2箇所どちらを使ってもOK。

ネックレスの取り扱い

ネックレスの取り扱い

使い方は首に取り付けるだけで特殊な事はないけど、留め具の脱着は結構硬いので力の弱い人は注意。使い続けていくと緩くなるとの報告もありますが、その辺りは使い込んでから追記します。

チョッパーモデルを装着

チョッパーモデルを装着

デザインはシンプルでカッコ良いので、男女共に使いやすいと思います。

チョッパーモデル メタックス 重さ

ネックレスの重さ

ちなみに重量は9.0gくらいです。

(0.5g刻みの測定器で計測したので、見ている限り9.1~9.2gかと思われます)

以上で、チョッパーモデルの紹介は終わり!

早速、付け続けたことによってどのような変化が出たかを紹介します。

RAKUWAネック メタックスの体感効果を【グラフで見える化】

さて、実際に気になるのはネックレスをした時にどういった変化があるか?でしょう。

そこで、RAKUWAネック メタックスを付けてみた、体感の効果をグラフで見える化(可視化)してみました。

肩こりや頭痛への効果について

メタックスの体感効果

メタックスの体感効果

まず前提として、現状の私は『運動ゼロ+デスクワーク』という最凶コンボが成り立っているので基本悪くなる一方です。月に1回は必ず整体師さんにお願いして、状態をゼロに戻してもらうという日常を送っております。

まず、ブルーのラインが「ネックレスなし」の状態です。

1ヶ月で肩こり、2ヶ月で頭痛・吐き気、3ヶ月で寝たきりかつ無気力にな限界を迎えます。整体師さんの月一メンテにより、このデスループは回避していますが、違和感程度の肩こりなら四六時中感じます。

対して、グリーンのラインが「ネックレスありの状態」です。

1ヶ月程度だと違和感もなく過ごせ、2ヶ月が経過する頃に違和感を感じ始め、3ヶ月ごろに肩こりを意識します。頭痛・吐き気にはいたりませんでした。

「もう良いや」と思って3ヶ月目に整体師さんの所に行ってみると、「あまり悪くなってないですね。」との言葉をいただきました。

正直信じられませんが、振り返ってみると楽に生活できたのでしょう。

 

こんな曖昧な表現になった理由は、付けている時に効果の自覚がなかったから。

おそらくですが良くなるというよりも、首〜肩こりの悪化するスピードが遅くなったというイメージです。意識したり日数が経過して振り返ってみた時に「やっぱり違うな」と感じます。

また、最悪のポイントまで行かないのはかなり嬉しい。やばい時は偏頭痛(閃輝暗点という症状)を引き起こして吐いてしまったり、1週間くらいしたら寝たきりになってしまうこともありました。

いつもは偏頭痛→吐き気がサインとなり、療養しながら整体や針とかで解決するのですが、しんどいことに変わりはないしお金も時間も必要です。

だから、この頭痛 & 吐き気まで悪化しないことや、悪化しないと思えることによって精神的に楽になれた事が一番助かったように思います。

仕事が大変な時などは、いつ会社で吐き気を催して吐くのかとビクビクしていましたからね。

↑Twitterを見てたら似たような人がいました。まさにこんな感じです。

肩まわり以外にも多少効果はあるっぽい

整体師さんにチェックしてもらった所、肩まわりだけではなく、腕や手首のハリもいつもよりマシになっていると言われました。

簡単に解説してもらうと「人間の筋肉は連動しているので、一部の筋肉でも緩めば、その他の部分も好転して悪化しづらい」とのこと。足つぼマッサージなどもその一つの例らしいです。

タイピングで腱鞘炎になったことのある自分にとっては、思わぬプラス効果でうれしい悲鳴でした。

メタックスのネックレスとX30、X50、X100の効果の違いは?

metax vs aqua titan

従来のアクアチタンX30、X50、X100と比べて、どの程度効果に違いがあるのかが気になるポイントですよね。

ちょっとそのヒントになる情報を入手したのでご紹介します。

実は今回のネックレス(チョッパーモデル)は、メタックスにリニューアルする前には『X100』の技術が施されて販売していました。

X100→メタックスに仕様変更になったワケです。

気になったのでコールセンターに聞いた所、X100とメタックスとほぼ効果は同等らしいです。

X100を使用中の人は、無理にメタックスに買い替えする必要もなさそうです。

しかし現在X30、X50を使っている人は、メタックスにする事で効果のUPが見込めるかもしれません。

ファイテンの店舗にあるIPコーナーでX300のシートを体験した時に、アクアチタンの濃度が高いほど効果があると実感した私としては、

X30 < X50 < X100 ≒ メタックス

が、ファイテン技術による効果の順番だと思っています。

ちなみに、現在X100の商品は今後メタックスにリニューアルにするか考え中とのこと。

売れてない商品はX100のまま消滅するし、売れている商品は随時メタックスに変わるパターン…と邪推しています。(知らんけどw)

首〜肩こり、頭痛に悩んでいる人は試してみては

ファイテンのネックレス『RAKUWAネック メタックス(チョッパーモデル)』での体験・効果の検証結果について紹介しました。

なぜリラックスされるのかは科学的には解明されていませんが、メタックス技術がリラックス効果がある事は実証されています。

ファイテンの効果について科学的な根拠とは

人によっては付けてしばらくすると「体が楽になった」という人もいますし、私のように「気付いたら体が楽だったっぽい」という人もいると思います。

どちらにせよ、意識せずともボディケアができているのが良いですよね。

 

【おすすめ動画】

ファイテン ネックレスを3ヶ月使った効果とは?【失敗しないおすすめの選び方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました